老眼も高齢視のうちのひとつ


高齢視とは加齢と共に変化する視機能の低下です。

一般によく知られているのが、近くに焦点が合わせづらくなる老眼の症状で、この老眼も高齢視のうちのひとつなのです。

誰でもいつかは高齢視になるのですが、老眼と同じように40代辺りから少しづつ 高齢視の症状がでてくるようになって来ます。

近くのものに焦点が合わなくなる老眼の他にも視力の低下、色覚の変化、明るさ暗さに素早く対応できなくなる、視野が狭くなる、まぶしさに弱いといった現象が症状が現われて来始めます。

ただ、老眼は眼鏡で補うことができますが、なかでも色覚の変化はなかなか自覚しにくく、もちろん眼鏡などでは補うことは出来ません。

このような高齢視の大きな原因のひとつに 水晶体が濁る老人性白内障が挙げられます。

老人性白内障は、長年紫外線を浴び続けると肌にシミが出来るのと同じように、眼の水晶体も日に焼けて黄変化してしまいます。

高齢視による色覚の変化は、全体的に色の明度と彩度が両方ともに低下して見えるようになります。

老人性白内障で霞んで見えたり二重三重に見える上に、高齢視になって色覚が変化してしまった人には見えにくい色や配色があるので、日常生活を送っていく上でさらに支障が生じます。

素材感やモノの形状の違いがわかりにくくなるようです。

ただ最近では、人間には順応性が備わっているために、高齢視メガネでまだ若い人が見ているほど 高齢視の人は見えにくさを感じていないと言われています。

とは言っても、高齢視の人は若年者のおよそ2〜3倍の照度が必要と言われています。

部屋全体の照度を上げるのではなく、必要な場所の照度を上げれば かなりの高齢視の見え方を補助する事ができます。


posted by はなめがね at 21:41 | 目の老化による症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年をとると暗く感じます


老眼によって近くが見えにくくなるように、目の老化によって暗く感じるようになります。

年をとると瞳孔の径が小さくなり、網膜に達する光がだんだん少なくなります。

網膜に達する光が少なくなるために、網膜上の照度が低下するのです。

産まれたばかりの赤ちゃんの瞳孔は2mm前後ですが、成長とともに大きくなっていきます。

瞳孔は12〜20才の頃が一番大きく、4〜6mmになります。

その後年をとるとともに小さくなっていき、高齢者では2mm位になってしまいます。

なんと80才では、網膜に到達する光は、20才の頃の1/6にまで少なくなるのです。

目の老化によって小さくなった瞳孔を何とか通過して眼球の中に入った光は、
今度は白内障という障害にぶつかります。

白内障の初期だと視力は正常で、水晶体に少しの濁りがあるだけです。

でもこの淡い濁りに光が乱反射してしまい、無事に網膜に届く光は限られて来るのです。

小さくなった瞳孔を通り抜け、白内障の乱反射にも負けずに何とか網膜に届いた光なのですが、
次は網膜自体の問題です。

年をとると、視細胞の感覚能力が衰えてきて網膜の感度が鈍ってしまうために、折角届いた光も
上手く感じることができなくります。

しかしこれらの症状は、長い期間かかって少しずつ進行していきますので、
あまり意識をされることがありません。

瞳孔の縮小、白内障、網膜の感度低下などに加えて老眼なども関係してくるために、
一般的に高齢になると、若いひとの1.5倍〜2倍程度の明るさが必要になると言われています。

高齢者が裁縫をしたり本を読んだりするには、若い人の2倍ほどの明るさが必要になるということです。

ただ、部屋全体を常に若い人の2倍にする必要はなく、手元などを照らすスタンドを用意しておいて、
必要に応じて使うと良いでしょう。


タグ:瞳孔 老眼 網膜
posted by はなめがね at 10:26 | 目の老化による症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老化で起こる眼瞼下垂


加齢によって起こる目のトラブルは、老眼といった症状のように目に起きるだけでなく瞼にも現れます。

老人性眼瞼下垂(ネーミングが嫌ですが…)といって、神経や筋麻痺などの特別な原因でなく
老化現象で起きる両眼性の眼瞼下垂で、高齢者に後天性に発症するものがあります。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、顔を正面に向けた時、まぶたが瞳孔(黒目)の上までしっかりと上げられない状態のことを言います。

眼瞼下垂の文字の通り、眼瞼(まぶた)が下垂(垂れ下がる)している状態を言います。

女優の高畑淳子さんが、眼瞼下垂の手術を受けたということで、初めて名前を聞いた方も多いことでしょう。

両眼に起きた場合、瞼が下がった状態だと視界が狭くなるため、視野を確保しようと額の筋肉を収縮させたり、下顎を上げたりなどといった代償行為をするようになります。

眼瞼下垂では、瞼が重い・眼が疲れる・一重が二重になったり二重の幅が広くなる・額のしわが深くなる
・頭痛や肩こり、めまいなどが起きる・眼が落ちくぼむ等といった症状がみられます。

額にシワを寄せて眉毛を上げることで目を開こうとするので、額にシワにが出来やすいうえに
無愛想に見られたり、眠たそうな目に見えたりして美容的にも悩みが深くなります。

眼瞼下垂は、老眼のように老化現象で起きるばかりでなく、コンタクトレンズの長期装用者や、眼の手術後に起きるもの、
先天性の眼瞼下垂などがあります。

あなたは眼瞼下垂なのかどうか、簡単なチェックをしてみましょう。

顔を正面に向けて軽く目を閉じます。

そのままの状態で両方の眉の上を指で押さえた状態で目を開きます。

額に力を入れずに軽く目を開ける事が出来ますか?

目を開けるのが難しかったり、額に力がかかってしまう人は眼瞼下垂の可能性が高いようです。





posted by はなめがね at 18:19 | 目の老化による症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老人環は心配要りません


黒目の表面の膜は角膜と言い、物を見るために透明になっています。

老眼と同様に目の老化で角膜に起きる症状があります。

老人環(ろうじんかん)と言い、角膜の周辺がリング状に白くなる症状で、
私たちが目で見てもすぐに判ります。

老人環は、男性の方に早く現れやすく、40才〜60才の男性のうち約6割に、
70才〜80才の男性の約9割にも現れています。

80才以上では100%老人環であると言われています。

老人環の原因は、コレステロールなどの脂質の角膜組織への沈着です。

老人環は通常40才から現れはじめ、最初は角膜の下の位置に、次に上へ、そして次第に環が繋がって
いきます。

この老人環による白濁は、最初は角膜の深層に現れ、だんだんと角膜の表面近くにも現れてきますが、
角膜の中央まで進むことはありません。

老人環は、老人環と角膜輪部との間に、幅が0.3〜1.0mm程度の透明帯があるのが特徴です。

また老人環が出来たことによって視力が低下するという事はありませんので、治療の必要はありません。
 
加齢と密接に関連している目の症状としては、老眼(老視)や網膜感度の低下、
疾患では白内障、加齢黄斑変性症などがありますが、老人環と老眼や白内障などの目の老化現象
との間には、疫学的な関連は無いようです。


中には40才以下の人でも、
若年環(じゃくねんかん)と呼ばれる老人環同様の混濁が出来ることがあります。

若年環の場合は、脂質代謝異常や心血管異常が原因のことがありますので、
内科での血液検査・心電図検査を受けて下さい。


posted by はなめがね at 16:01 | 目の老化による症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目の老化現象で起きる光視症


視野の中に黒く蚊が飛んでいるように見える飛蚊症と同様に、
老眼を自覚する頃に起きる目の老化現象があります。

光視症という目の中に光が走る現象で、一瞬、視野の外側の一部にキラキラした閃光が見えたりします。

光視症の多くは目の老化現象で起きます。

眼球の中には硝子体というゲル状の眼内組織がたくさん詰まっているのですが、
老眼を意識する様になる頃には、この硝子体が縮んできて網膜から前に向かって剥がれてしまうことがあります。

この状態を後部硝子体剥離(こうぶしようしたいはくり)といいます。

後部硝子体剥離が起きる時に、硝子体と網膜との間に癒着があると硝子体が網膜を引っ張り、
その引っ張られる刺激を受けて光が走るように見えるのです。

このようにして目の老化による光視症は起きるのです。

光視症が消えるまでには、約6ヶ月ほどかかるようですが、
硝子体と網膜との癒着が取れれば、光は走らなくなります。

後部硝子体剥離は、老眼のように目の老化で起きる事がある老化現象ですが、
中にはこの硝子体と網膜との癒着が強く、硝子体が網膜を強く引っ張り、網膜が引き裂かれて(網膜裂孔)
網膜剥離を起こしてしまうことがあります。

網膜剥離の多くは、網膜裂孔を起こし、そこに水晶体の組織が入り込んで網膜が離れてしまう事が原因になっています。

ほとんどの場合、光視症は心配のないものですが、目の中で光が走る原因にも色々あり、
「網膜剥離の前触れ」という事も考えられるため、軽視は禁物になります。

光視症で目の中に光が走ったら、早めに眼科へ行って眼底の精密検査を受けて下さい。


posted by はなめがね at 17:46 | 目の老化による症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末老眼化現象かも知れません


目の酷使による老眼の症状があります。

年をとっていなくても老眼と同様の症状は起きるのです。

読書をしたり、テレビ、パソコン、携帯電話の画面などを見続けていると、目が酷使されることで、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかり、老眼と同様の症状が起きることがあります。

特にパソコンを長時間使用するVDT(Visual Display Terminal)作業では、
目が疲労してピント調節力が低下する事が実証されています。

毎日パソコンに向かっている方は、週末の目の状態が、
近くの物がかすむ、遠くの物がいつもより見えにくい、
目の疲れを感じる、乾きやすいといった状態ではありませんか?

月曜に比べ、週末は目のピント調節力が低下していると感じるようであれば、
あなたの目は、最近注目されている週末老眼化現象だといえるかも知れません。

週末老眼化現象とは、毎日長時間のパソコンワークなどで目を酷使すると、
週の後半にはピント調整能力が回復しなくなり
老眼のような状態になってしまうことです。

週末老眼化現象は、中高年に限らず若い人でも現われてきます。

最もよい対策法は、とにかく疲れを感じたら目を休ませることです。

それにはちょっとした休止・休憩を入れる、遠くを20秒間以上眺める、少しの間目を閉じる、蒸しタオルを目にあてて暫く置いておく、目の周りのツボ刺激をするなどがあります。

特に蒸しタオルは、ピント調節力が改善することや、ドライアイが改善することが科学的に実証されました。

目に疲れ感じた時には、無理をせずこういった方法で目の緊張を和らげてあげてください。


posted by はなめがね at 21:29 | 間違えやすい病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピントフリーズは老眼?


パソコンのディスプレイや携帯メールを見続けていて、ふと遠くを見たときに、ピントが合わずに視界がかすんだ経験はありませんか?

次第に戻っては来るのですが、ピントを合わせるのに時間がかかってしまいますよね。

この症状は、ピントフリーズ現象と呼ばれるものです。

老眼の場合だと、いくら待っていてもピントは合ってくれませんが、
ピントフリーズ現象の場合だと、時間はかかってもまだピントは合わせられます。

正常な人の水晶体は自然な状態では無限遠にピントが合っていて
遠くを見ている状態では、毛様体筋のピント調節機能の負担は少なくなっています。

逆に近距離にピントを合わせるためには、屈折率を増加させるために
水晶体の厚みを調節する筋肉である毛様体筋を緊張させて水晶体を厚くしなければなりません。

パソコンのモニターなどを凝視しながら作業をしたり、同じような距離にあるものをずっと見続けていると
目に負担がかかり、目が疲れてしまうことがよくあります。

目の疲労によって毛様体筋が硬くなり、ピントフリーズ現象を起こして
目のピントを合わせることが瞬時には出来なくなります。

テレビやパソコンなど、人工の光に長時間触れる方にオススメの健康食品


老眼は、老化により目の中の水晶体が弾力性を失ってしまい始まるのですが、
やはり老眼もピントフリーズ同様に、物を見るときの調節機能がうまくいかなくなります。

ピントフリーズは老眼ではありませんが、眼の酷使は目の老化を早めてしまいます。

違う距離のものに焦点を合わせたときに、すぐにはピントが合わなくなるような
ピントフリーズになってしまう前に、遠くの物と近くのものを交互に見る眼の運動や
時間を決めて眼を休憩させることが必要です。


posted by はなめがね at 13:45 | 間違えやすい病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサートで老眼治療


オルソケラトロジーは、就寝中に特殊コンタクトレンズを着けているだけで、
手術なしで安全に視力を回復させるという近視の治療法です。

簡単にいうと昼夜逆コンタクトレンズという感じでしょうか。

オルソケラトロジーは、医療先進国アメリカでは
30年以上、120万人以上の治療実績があり、その優れた性能は
FDA(アメリカ食品医薬品局)から正式に認可され、安全性が証明されています。

このように、オルソケラトロジーは安全で有効な視力回復の治療なのですが、
残念な事に老眼には対応できていませんでした。

また0.1以下の低視力、乱視が強い、遠視などの方も治療を受けられませんでした。

しかし日本では、オルソケラトロジーの治療範囲を超える、強度の近視や乱視の治療の要望が多く、
こういった方々にも十分な効果をもたらす画期的な治療法のオサートが開発されたのです。

このオサートによって、従来のオルソケラトロジーでは矯正されなかった
老眼、強度の近視、乱視、遠視までも対応することが出来るようになりました。

このオサートの技術は、米国と日本で特許を取得しています。

北京オリンピック女子レスリング選手の伊調千春、伊調馨、吉田沙保里、大リーガーの松井稼頭央
などなど、沢山のアスリート達も、このオサート治療を受けています。

オサートの治療方法もオルソケラトロジー同様、
特殊コンタクトレンズを寝るときにはめて朝それを外すだけなので、非常に簡単です。

オサートの短所としては、まず効果が現れるまでの時間が長いという
ことがあげられます。

オサートは、角膜の形状や視力の様子をみながら
2〜3ヶ月でレンズデザインを段階的に分けてステップアップしていくことで、視力を矯正していく
多段階治療法ですから、安定した視力を得るためには1年程度かかるようです。

また、このオサート治療を受けられる施設は、
今のところ東京の赤坂にある三井メディカルクリニックしかありません。

もちろん保険の適用はありません。

両眼:380,000円 (税別) 〜 

片眼:270,000円 (税別) 〜

と、まだまだ金額は気軽に受けられる、といった額ではないようです。

また、特殊コンタクトレンズを着けたらすぐ眠らなければならないので、その辺りも毎晩だと、
慣れるまでちょっと大変かもしれませんね。

早くこのオサートが、あちらこちらのクリニックでもっと気軽に
受けられるようになればいいのに…と思います。


posted by はなめがね at 21:32 | 老眼の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注目の青い実、カシス



老眼予防のところでも触れましたが、
「ルテイン」という、マリーゴールドという花に含まれる成分は、
加齢による眼の疾患を軽減してくれる、たいへん有難い成分です。

もうひとつ、眼の疾患や老眼の症状を軽減してくれる注目の成分があります。

「カシスポリフェノール」です。


ポリフェノールとは、植物の葉や花、茎などに多く含まれている成分です。

フラボノール・イソフラボン・タンニン・カテキン・アントシアニンなどがあり
植物が光合成を行うときにできる抗酸化物質物質です。

カシスに含まれるポリフェノールは「カシスポリフェノール」と呼ばれ、
4種類のアントシアニンを含んでいます。


カシスはベリー類の一種でポリフェノール含量が高いことで知られています。

日本ではリキュールやデザートなどでお馴染みですが、
欧米ではジャムやジュース、リキュールなどで日常的に親しまれており
古くから民間薬としても利用されている青い実です。

カシスには、ポリフェノールのひとつである、アントシアニンが豊富に含まれています。

カシスに含まれているアントシアニンには、これもまた目に良いことでよく知られている果実の
ブルーベリーには含まれていない成分のD3R、C3Rが含まれています。

カシスにはまた、ブルーベリーの3〜4倍ものアントシアニンが含まれ、
ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。


この「カシスポリフェノール」には、末梢の血流を改善する効果があると言われています。

また、疲れ目による視力低下を回復させたり、暗いところでの視力改善の効果がありますので、
眼の機能の低下を抑制する効果が期待できます。

ルテイン・ゼアキサンチンといったカロチノイドと「カシスポリフェノール」を合わせて摂取すると
視力改善効果はより高まります。


「カシスポリフェノール」は、目のピントを合わせる筋肉のコリをほぐすことから、
眼精疲労の緩和もしてくれます。

眼の疾患や老眼の症状を軽減してくれるだけでなく、冷え性の緩和、肩凝りや腰の疲れの緩和、
目の下のクマの解消まで期待できます。

また最近の研究によって、カシスに含まれている成分「カシスアントシアニン」には、
緑内障の原因になる視神経の血流低下を回復させる効果があることや、

カシスやブルーベリーなど、黒い色のベリー類の果汁には、
風邪やインフルエンザなどを予防する抗ウイルス作用があることが判りました。

カシスの人気は、これからどんどん上がっていくことでしょうね。


posted by はなめがね at 15:49 | 予防と対処方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑内障は、早期発見、早期治療が重要です


緑内障は、視神経の障害で視野が狭くなっていく病気です。

一般的に緑内障は、自覚症状がほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。

急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状を起こしますが、
緑内障の多くの場合、自覚症状がないため視神経の障害はゆっくりと進み、
視野も少しずつ狭くなっていきます。

特別に目に異常を感じることはありません。

そのため老眼の症状に紛れて発見が遅れることも多いのだそうです。


緑内障の中でも原発性緑内障は、加齢によって起こりやすい緑内障です。

原発性緑内障の多くは中高年を中心に現れやすい症状であると言われています。

その原因としては、老化によって水晶体が硬く厚くなってしまうことがあります。

水晶体の老化は、老眼だけではなく、白内障や緑内障といった症状を起こすこともあります。

老眼を自覚するようになったら、すぐメガネ店でメガネを作るのではなく、
その前に忘れずに眼科で検診を受けてください。

多くの場合で自覚症状がない緑内障では、早期発見、早期治療が最も重要になります。

緑内障の治療は、病気の進行をくい止めるための眼圧を低くコントロールしていく治療になります。

一度障害されてしまった視神経をもとにもどすことは不可能なため
病気の進行をくい止めることが目標となるからです。

緑内障は悪化する前にできるだけ早期に発見し、治療を開始することが大切なので
老眼を自覚するようになったら、少なくとも年1回の定期検診を受けましょう。


posted by はなめがね at 13:12 | 間違えやすい病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。